臨時掲示板


[ HOME掲示板TOP一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]


[1124] ジベレリン Name:いわた Date:2017/10/17(火) 21:22 [ 返信 ]
majorさん、ウォーターメロンさん、こんばんは。

勝手にスレッド上げさせてもらいます(~_~;)

ぐずついた天気が続きます。
また台風も接近するとか。
この時期は例年なら秋晴れが続くはずなんですけどね〜。


>今年はジベレリンを使った袖ヶ浦、花袖、富袖、五稜閣の交配を行ってみました。

興味あります。

既に解説を投稿済かも知れませんが
よう探さないので教えて頂けると有り難いです。(~_~;)

@ジベレリンは市販のジベラ錠剤でしょうか?
Aもしそうなら希釈率(濃度)はどれくらいですか?
Bそしてその処理方法は?
花全体を溶液に浸してから他品種の花粉を雌蕊に付ける
のでしょうか?
Cもし株が一本しかなくて交配出来ない場合。ジベレリン処理を行うと
結実する可能性があるのでしょうか?
Dジベレリンは種子の発芽促進効果もあるとか。
難発芽種子に処理をされた事はありますか?
もし効果があるようならその希釈率、浸透時間等御教授くださいまし。

今日は秋祭りの日でした。
忘れていて夕方、あわてて提灯を出しました。

もともと秋祭りはその年の収穫を感謝する日とか。
でも最近は食べ物は当たり前のようにあって、
その有難みを感じる事は少なくなってますね。

ちなみに50年前なんか私んちでは自給自足に近くて
ウィンナソーセージなんか貴重品でちびちび食べていったけ(~_~;)


[1125] RE:ジベレリン Name:ウォーターメロン Date:2017/10/18(水) 06:58
majorさん、みなさん、おはようございます。

いわたさん、ジベレリンは、元はイネのバカ苗病から抽出した成長ホルモンで色々種類があるみたいですが、農薬として用いる場合は特にジベレリン A3 (C19H22O6) をジベレリンと称し、「ジベレリン」もしくは「ジベラ」の名を冠して販売されているようです。
ブドウでの使用も元は果粒肥大促進で、無種子化や落果防止は副作用だったそうです。
最初、私がジベレリンを使用したのはnoriaさんがふじやまさんの掲示板で紹介されてからです。このときの使用目的は「サボテンが動かなくなったとき」の最後のお願いでした。
濃度は失念しましたが100〜120ppmぐらいだったと思います。
近所のHCには添付写真のもの(主にぶどう用で着色剤もついています)しか置いてないので、これを使用しています。
1ステック50mgで、0.5ℓの水で希釈して使っていますので100ppmでの使用です(根基は何もありません、適当です、使用説明書を読んでも使用作物に応じて濃度は200ppm〜0.5ppmとまちまちです)。
使用時期の説明も使用作物に応じて説明がありますが、これもまちまちなので、根基レスに行いました。蕾が大きくなったときと受粉直後の2回、霧吹きで花筒と受粉時花柱には軽く噴霧しました。
花粉なしのホルモン誘発だけの使用や、発芽時はやったことがありません。「サボテンが動かなくなったとき」の最後のお願いは、全部ではありませんが、動き出すのもありました。

追伸
2014年11月に発見された新属新品種の Cremnocereus albipilosusがもう出回っているのですね、驚きです。
たぶん翌年、マーティン・ローリー(Martin Lowry)とマッツ・ウィンバーグ(Mats Winberg)によって公表されたのでしょうから、本当に普及が早いですね。
マッツ・ウィンバーグはスエーデンの方ですから、即種屋さんに行っちゃったんでしょうかね?

追伸の追伸
いわたさん、カクタス エクスプローラの該当の文章の日本語訳をふじやまさんの「花サボテンの画像掲示板」に昨日載せていますので、お暇なら見てください。、


[1126] RE:ジベレリン Name:いわた Date:2017/10/18(水) 20:52
ウォーターメロンさん、こんばんは。

ジベレリンの使用法ご教授有難うございます。
またカクタス エクスプローラの翻訳ありがとうございます。
ふじやまさんちで熟読させて頂きました。

しかしホントに世界中にはオタクというか変態と
いうかバキッ!!☆/(x_x)沢山おられるものですね〜。バキッ!!☆/(x_x)

画像は
白雲錦


[1127] RE:ジベレリン Name:ウォーターメロン Date:2017/10/19(木) 16:49
majorさん、みなさん、こんいちは。

よく雨が降りますね。昨日ちょっとだけお日様が拝めたので、散歩方々、区役所まで期日前投票に行ってきました。台風どうなるでしょうね。

いわたさん、マッツ・ウィンバーグ(Mats Winberg)という御仁はサクシードの方ですか?

majorさん、本当にフェロックスは難しいです。
今年どれもこれもダメになりそうでしたので急きょ棚から降ろしました(添付写真)。
遅かりしで、1株昇天、4株頭が止まりました。

狂風丸と桃笠丸は2013年に札幌カクタスから種子を入手したもの。
赤花荒刃丸×535.783ferox黄花は茨城県常総市のkumaruさんの交配種子を2012年にいただいたもの。
荒刃丸×大花亀甲丸は2012年に山口県宇部市のふじやまさんにいただいた交配種子からのもの、26-1もふじやまさんからで2014年(H26)の最初の交配の種を頂いたものです。
この中で開花株は1株(桃笠丸)だけです。
あと別株で袖に接ぎ直した荒刃丸×大花亀甲丸が1株咲いただけです。私の技の悪さもありますが、あまり年寄り向きの品種ではありませんね(笑)


[1128] RE:ジベレリン Name:major Date:2017/10/21(土) 06:23
岩田さん、ウォーターメロンさん
遠くから何時もこの過疎地域を盛り上げてありがとうございます(*^_^*)

岩田さん、キリン接ぎ木に目覚めて一気に楽しみが広がって、その恩恵を頂いております。キリンさんの幅広いパワーには驚かされます。
中でもジョンストにアナには、脱帽しております(*^_^*)
仔吹きの速さ!!!!には感動しています(*^_^*)

ウォーターメロンさん
ジベレリンの詳細な使用法の解説ありがとうございます(*^_^*)
フェロックス系を上手に標本に育てるには、徒長と云う問題が立ちはだかりますね〜
休眠期の完全断水と厳しい寒波が必要だと思います。今年から岩田さん里子のロビとフェロックスは無加温の玄関フードに放置することを既に実施しています(*^_^*)このフードにはスクレロ、ぺデオなど難物連中も収容されています(*^_^*)
荒刃丸、桃笠丸懐かしいなぁ〜〜 伊藤氏のフリオロビィビアを思い出しました(*^_^*)

写真はエアーキャップ栽培の申し子 日の出丸、、、春からの1シーズンで倍体になり、蕾も出ています。ところがこれから急降下する気温で開花が難しいのですよ(*^_^*)


[1112] 懇親会のお知らせ Name:major Date:2017/10/03(火) 06:14 [ 返信 ]
札幌カクタスクラブ今年度最後の集いを下記の通り開催致します。
お気軽に参加下さい。

日時 10月21日(土)宴会18時30分〜
宿泊、日帰り可
場所 新篠津村道の駅 たっぷの湯

来年度行事パンフレット配布、福引会他

当日は正午から専用別室を準備しています。早めにお越しになり、温泉もお楽しみ下さい。

申し込みとお尋ねは下記にお願い致します🙏🙇
major@beige.plala.or.jp


[1113] RE:懇親会のお知らせ Name:いわた Date:2017/10/07(土) 17:52
majorさん、こんばんは。

4日に無事アタカマから帰って来ました。
疲れが出たのか昨日まで痴呆状態でした(~_~;)

今回は新会場での締め総会ですね。
きっと盛り上がる事でしょう。

そうそう肝心のこちらでご案内申し上げるのを
忘れていました。(~_~;)

この場をお借りします。

秋のサボテン大会のご案内です。

第43回日本シャボテン大会のご案内

○名称 第43回 日本シャボテン大会
○主催 京都シャボテンクラブ
○後援 京都新聞社
○日時 10月9日(月 体育の日)9時から16時
○会場 京都府中小企業会館
    京都市右京区西院東中水町17
    電話(075)314−7171代
○行事 (イ)展示品評会
    (ロ)大即売会
    (ハ)優品交換会
○販売業者
 カクタスニシ・山城愛仙園・橋本殖産・芳香園・小林園芸・日本カクタス企画社・堀川カクタスガーデン・廣仙園・・芳明園(森本)・鶴岡鶴仙園・サキュレントボックス・ルチア・大石錦仙園・たにっくん工房・コロン・三河サボテン・養庄園 予定(順不同)

どなた様も入場無料です。
秋の好日、是非ご来場ください。

尚、私は残念ながら当日は稲刈りの手伝いで(~_~;)
参加出来ません(涙)

画像は
アタカマのコピ
名前は門外漢なんで???(~_~;)
フェロならわかると思うんですけどね〜バキッ!!☆/(x_x)


[1114] RE:懇親会のお知らせ Name:ウォーターメロン Date:2017/10/08(日) 04:50
majorさん、みなさん、おはようございます。

いわたさん、お帰りなさい。
アメリカ経由でチリのアタカマ砂漠くんだりまで、お疲れ様でした。素晴らしいお写真の投稿をお願いしますね。
添付写真はCopiapoa cinereaの何か変種(黒士冠dealbataあたりかな?)なんでしょうね。
いわたさんが留守の間に日本はすっかり秋真っ盛りでっせ!!

食欲の秋・味覚の秋
栗ご飯・むかごご飯・落花生の塩ゆでどれもおいしかったですよ。
(ちなみに栗とむかごは我が家産、落花生は東京の方からのもらい物)

追伸
日本カクタス企画社は現在ありませんよ。
グランカクタスに社名が変わって千葉県で販売を行っていますよ(震災後どうなったのか、私も知りませんでした。岡山の会の先輩からの情報です。)


[1115] RE:懇親会のお知らせ Name:major Date:2017/10/08(日) 13:52
岩田さん
地球の裏のアタカマ砂漠行脚 お疲れ様でした(*^_^*)
百聞は一見にしかずの例え、、、今後のサボテン三昧に、計り知れない大きな財産になると思います《拍手喝采》

岩田さんから届きました、貴重なDVD《アタカマ砂漠の旅》は、21日の懇親会で披露させて頂きます。本当にありがとうございます。


ウォーターメロンさん
今回のこのBBS貼り替えでは、大変ご無礼致しました。
悪いこととは存じましたが〜 会の行事を優先させて頂きました。

秋の味覚には、その土地の文化を感じますねぇ〜〜(*^_^*)
ムカゴね〜〜〜懐かしいですね〜〜 もう半世紀以上 食べたことないです〜〜 食糧難時代を思い出します(*^_^*)

ウォーターメロンさん、お願いがあります。一度私宛てにメールをくださいませ(合掌)

写真 実生から出たちょっと変わった トリプギオナカンタ?


[1116] RE:懇親会のお知らせ Name:ウォーターメロン Date:2017/10/10(火) 06:08
majorさん、みなさん、おはようございます。

majorさん、気にかけていただきありがとうございます。
会のPRの場でもある掲示板ですので、業務優先も大いに結構ですよ。

添付写真は我が家では一番古い2013年・2014年にキリンウチワに実生接ぎしたものを降ろした株です。
カバーの張替えと部材のメンテナンスのため、ミニ温室からパットにかわしたところです。
この上が日当たりがいいので野良猫の日向ぼっこスポットになっておりドス穴が空いてしまい、またなぜか傾きだしていました(台風直撃の時は補強はしましたが、ひやひやものでした)。


[1117] RE:懇親会のお知らせ Name:major Date:2017/10/10(火) 19:08
ウォーターメロンさん
この度はありがとうございました(*^_^*)

写真を見て、徹底してプシス、ロビに集中ですね(*^_^*)
札幌のクラブ会員さんは、花サボテンの収集は僅かに持っている程度です。 伊藤 芳夫氏が盛んに花サボテンの著書を発表した頃は、私も追いかけていました。(*^_^*)
プシス系では濃い赤花の短毛は幾つかのタイプがウチにもあります。

夕方から気温が急降下を始めています。明日は11月中旬の寒さの、氷雨の日になるようです。
北国の秋はまさしく駆け抜けて行きます。

皆さん寒さに向かう折 呉々もご自愛ください。

写真は玉牡丹
この時期は牡丹類の花の季節 牡丹類の花が終わる頃からサボテン達は長い冬眠に入ります(*^_^*)


[1118] RE:懇親会のお知らせ Name:ウォーターメロン Date:2017/10/11(水) 07:38
majorさん、みなさん、おはようございます。

majorさん、こちらも確実に秋が深まっているはずなんですが、わが家の玄関先の温度計は8日29℃、9日32℃、10日32℃とパンツ一丁(おっと品のない表現で失礼!!)でもいい最高気温を示しており、なお始末が悪いのは朝晩だけは適当に気温が下がることです。
服装も難しいし、体調自体がついていけない私です(年ですね!)。

いわたさん、稲刈り頑張ってますか、もう済みましたか。早く済まさないと天気が悪くなりますよ!!
普段使わない筋肉使うと後が堪えまっせ!!

添付写真は[1116]の続きです(一部ダブっていますが)。やっぱりロビとプシスばかりです。
ほとんどが、開花株になっていますが、ソエレンシア系はさすがに時間がかかり、この写真の湘陽丸は未開花株です。
ただ不思議なことにこの兄弟株でドラゴンに実生接ぎした個体が昨年開花しています。


[1119] RE:懇親会のお知らせ Name:ウォーターメロン Date:2017/10/11(水) 07:53
追伸

昨年の湘陽丸の開花写真です。
大きさは[1116][1118]のプラ鉢は全て小が7.5cm×7.5cm、大が9cm×9cmです。
なお、122とか123とか湘陽丸の前についている番号は前橋の名人(亀さん)の管理番号(122は122番目の開花球の意味)です。
3-4-1は山口の名人(ふじやまさん)の管理番号(3-4-1は平成3年の4番目の交配の1番の株の意味)です。


[1120] RE:懇親会のお知らせ Name:major Date:2017/10/12(木) 10:44
ウォーターメロンさん
何故か?昔から湘陽丸は大好きですよ〜(*^_^*)
自分では栽培していないのですが〜 現在は頂きものの開花球が1つだけあります。堂々として存在感あって、プシスのように花喉が伸びないのがいいですね〜(*^_^*) 頂上花を彷彿させるのも魅力的です。
故 伊藤 芳夫氏の著書に盛んに載っておりましたから、、、その影響もあるのだと思います(*^_^*)

夕べからの雨、、、この時期の曇天の雨は、、、湿気がこもって重たいです。まさしく何処まで時雨ゆく秋ぞ≠ナす(*^_^*)

写真は岩田さんからの里子の実生、フェロックスです。
刺、容姿ともに好きですが〜 意外に難しくて素直には育てることが出来ません(*^_^*)


[1121] RE:懇親会のお知らせ Name:ウォーターメロン Date:2017/10/14(土) 19:40
majorさん、みなさん、こんばんは。

岡山は昨日はその前の29℃・32℃・32℃・31℃・31℃から一変して18℃でした。
半纏を取り出しました。

majorさん、確かにフェロックスは少し大きくなると難しいですね。原産地のボリビア・アルゼンチン・チリの3000m〜4000mぐらの高地におもに自生ですから、温室栽培では無理なんでしょうね。
知らぬ間にこじれるので始末が悪いですね。

添付写真は一鉢に実生株3つを並べた(ホワイトナイト×赤花短毛丸)×白檀SPのA(ほかの2つがBとC)です。
3株ともよく似ています。今年はこれに富袖と花袖をかけて結果しています。
ただ、左下にあるように、中身の果肉も種もごくわずかで、相当の無理やり感があります。イメージとしては種無しブドウに時々種があったみたいなもんでしょうか。
果たして播いても発芽するでしょうか。


[1122] RE:懇親会のお知らせ Name:いわた Date:2017/10/15(日) 21:35
majorさん、ウォーターメロンさん、こんばんは。

毎年でしたら秋晴れが続くはずなのに
何故か秋雨前線が停滞。

雨だと畑仕事も出来ないので
「今日は完全休養日」と言い聞かせても
一日が長いです。(~_~;)

>フェロックスは少し大きくなると難しいですね

丈夫そうで意外と難物。

この原産地もさることながら、それ以外の南米物も
どうもフェロのように50度近くになるような
高温と蒸れは好きではないような気がします。

つまりご機嫌さんな時は早春や今頃の人間が
快適と思う季節。
ハウスに入れないで外に放りだしていた方が
良いのかも知れませんね。

画像は
ネオポル。
周りの景色のせいでしょうか
一層、ピンクの花が目立ちます。


[1123] RE:懇親会のお知らせ Name:major Date:2017/10/16(月) 07:26
ウォーターメロンさん
今朝は5℃まで下がり、いよいよ冬仕度しなきゃと思っています。
去年の今頃は、埼玉サボテンクラブの有志の皆さんとの、交流会に初参加しました。
会員さんの見事なハウス8カ所の栽培場を見学させて頂きました。
そこで一番痛感したのは、、、、、気候、、、温度差でした。
10月から翌年3月までの違いです。
札幌の我が家のハウスでは、外気温が5℃になる丁度今の時期から、長い休眠期に入ります。3月末に外気温が5℃以上になるまで、灌水を断ちます。(一年未満の実生苗を除く)
この時期の成長の差が大きいですね〜〜〜(*^_^*)

岩田さん
からのフェロックスは今の時期になって 生気を取り戻したように、元気になっています(*^_^*)
アンデス山脈を故郷にするもの全般が、超耐寒性サボテン群、、、
寒いくらいの気候が丁度いいのでしょうね (*^_^*)
岩田さんからのお土産種子の発芽を楽しみにして、これから蒔こうと思っています。

写真も岩田さん里子のフェロックスです。この苗は今年数多くの岩田さん里子のフェロックスの中でも 一番の成長株です。鉢から溢れる勢い!!!


[1110] 秋も深まって Name:major Date:2017/09/30(土) 15:38 [ 返信 ]
majorさん、みなさん、こんばんは。

majorさん、北海道は足早に秋が過ぎていくのですね。
こちらは、これから秋本番です。
玄関の温度計の最低気温が、今季初めて15℃を割り13℃でした。
昨日は、庭の栗の実を拾い茹でて秋を楽しみました。

ミニ展の出展にはほかに、玉翁・玉翁殿・銀の明星・白鳥・影清・白珠丸・姫春星・白星・ルエッティ・テレサエ・アザラシなどがありました。

添付写真は我が家にある3系統の紫野のうちの2系統を交配したものです。
両種とも底白でしたが刺が違うようで、斑入りが出るということはだいぶ遺伝子も違うのでしょうかね。
ウォーターメロンさん
スレッドが延びましたので張替えました。

花はΦ7cm、h5cmです。

追伸
イワタさんがいないと寂しいですね。
以前会社勤めしていたころ、通勤電車で一緒になる方で技術者の方でアタカマ砂漠に行くのが大義だといわれていた人がいました。
ALMA望遠鏡(アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計)のメンテナンスだそうで、若手に任せたそうです。


[1111] RE:秋も深まって Name:ウォーターメロン Date:2017/10/01(日) 20:09
majorさん、みなさん、こんばんは。

今年はジベレリンを使った袖ヶ浦、花袖、富袖、五稜閣の交配を行ってみました。
結論として落果防止に効果があるようです。
昨年、袖ヶ浦×花袖はジベレリンなしでは結果しませんでした(花袖×袖ヶ浦は結果しました)がジベレリン使用で3果結果しました。

添付写真はそのうちの2果で、2果合わせて14粒で、写真にないもう1果は1粒で3果で15粒の種でした。
写真で見る限り、相当苦しい(無理やりっぽい)受精です。
とは言え、何とか種は取れましたので、今度はこれが発芽するかどうかですね。


[1095] 展示会終了御礼(*^_^*) Name:major Date:2017/09/10(日) 20:11 [ 返信 ]
札幌カクタスクラブ秋の展示会は、本日午後3時過ぎ盛況のうちに無事終了致しました。

期間中支えて頂いた多くの会員の皆様に厚く御礼を申し上げます。
大変ご苦労様、ありがとうございました。

連日大勢の来場の皆々様、全道各地、遠方からお出で下さった全ての皆様に重ねて深く感謝申し上げます。

写真は最終日の会場の様子です。(市子さん撮影)


[1096] RE:展示会終了御礼(*^_^*) Name:いわた Date:2017/09/10(日) 21:30
majorさん、こんばんは。

展示会お疲れ様でした。

大盛況のうちに無事、大団円を迎えられたこと
お喜び申し上げます。
これも沢山の会員さんの絶大なるご協力が
あってこその賜物ですね。

さあこれで盆も正月が一緒に来て暫くは
ホッとされるかと。
ですが 多分数日したら、「あれや、これや。」
とまた来年の構想に頭を悩ませるんでしょうね〜
でもこれは楽しい悩みなんでしょうな〜バキッ!!☆/(x_x)

画像は
完全断水の
Lobivia pugionacantha v. versicolor
だったと思う(~_~;)


[1097] RE:展示会終了御礼(*^_^*) Name:antigonos Date:2017/09/11(月) 13:43
HBCテレビでは、土曜日の昼に放送されたようです。

http://www.hbc.co.jp/news/hbc-newsi.html


[1098] RE:展示会終了御礼(*^_^*) Name:antigonos Date:2017/09/11(月) 20:53
HBCの動画、こちらでも見れます。

http://movie2.hbc.co.jp/news/t05-6_01_edc3dd175bdde9810b61057f0d14006c.mp4


[1099] RE:展示会終了御礼(*^_^*) Name:antigonos Date:2017/09/11(月) 22:58
major会長、みなさんこんばんは。

終わってみれば販売苗コーナーはスカスカの空前絶後の売れ行き。
入場者も記録的大盛況で千秋楽を迎えた展示会でした。
展示品、販売苗のさらなる充実が望まれますが背伸びをして会員諸氏の負担になってもよろしくないでしょう。
会計担当のクロさんの大活躍には感謝感謝。質問に丁寧に応えられていた皆さん、おつかれさまです。

いわたさん、こんばんは。
いわたさん提供の抜き苗、8割がた養子縁組と相成りましたw。ありがとうございます。
刺物も結構な売れ行きでした。
黄刺刈穂玉の交配種、金冠竜など、それなりの価格の中苗が気が付けば買われて居なくなってました。
北では刺人気がひそかに蔓延してるかもです。
難波から応援ありがとうございました。



[1100] RE:展示会終了御礼(*^_^*) Name:いわた Date:2017/09/12(火) 17:05
antigonosさん、こんにちは。

この神仙玉。ええなあ〜(~_~;)

空前絶後の大盛況だったとのこと。
おめでとうございます。

これ今までの地道な努力が花咲き、そして今回実を結んだ
という事ですね。

>北では刺人気がひそかに蔓延してるかもです。

質実剛健。
最後の牙城はちっとやそっとの「草攻撃バキッ!!☆/(x_x)」
にもビクともせず!(~_~;)

画像は
黄刺金赤竜x黄刺刈穂
だったと思う(~_~;)


[1101] RE:展示会終了御礼(*^_^*) Name:major Date:2017/09/16(土) 07:53
岩田さん

写真Lobivia pugionacantha var versicolor 凄まじい刺!!!!! 変種名は多彩、、、雑色の意ですが〜まさしく何とも表現出来ない色合いですね〜〜

黄刺金赤竜X黄刺刈穂 も物凄いこと!!!増す増す刺の境地に、、、陶酔して アタカマ放浪の旅に!!!バンセイ バンセイ バンセイ

antigonosさん
展示会大変ご苦労様でした、、、期間中はほぼ寝てましたが〜〜SNS発信だけはやってました。 有難いことに、期間中に新しく12名の、入会申し込みを頂きました。寝ていた反動か?10日以降はハウスに入り浸ってます。来期に向けての植え替えと、冬に備えての取り込みの整理しております(*^_^*)

写真は 越冬に備えて取り込んだ、スクレロのパルビフロルス


[1102] RE:展示会終了御礼(*^_^*) Name:ウォーターメロン Date:2017/09/20(水) 05:16
majorさん、みなさん、おはようごさいます。

展示会も盛況のうちに終わっての、台風18号でしたが、北海道のみなさんの状況はいかがだったでしょうか。

わが家は直撃の割にはそれほどでもありませんでしたが、倒れたり、折れたりはありましたし、圧巻は一番北側の棚の上の波板が吹っ飛んでしまいました。

添付写真はネタ切れで以前アップしたことのある535.783ferox黄花×赤花荒刃丸の別アングルの写真です。


[1103] RE:展示会終了御礼(*^_^*) Name:major Date:2017/09/20(水) 07:10
ウォーターメロンさん

台風18号は札幌の近くに再々再々 上陸したそうですが〜 私が住む北区は風も穏やかで、雨も早く上がりました。(*^_^*)
同じ札幌市でも、厚別区や清田区などは強風だったと聴きました。
北海道では室蘭や釧路〜根室〜知床などが影響を受けました。

刺ものロビビィアのフェロックスは色々あって楽しいですね〜
ウチには岩田さんからの里子のフェロックスがたくさんあります。
しかし、、、思い描く姿には程遠いです〜〜。寒さを活用して理想的なものを目指しています(*^_^*)

写真は今咲いている 短刺象牙丸


[1104] RE:展示会終了御礼(*^_^*) Name:ウォーターメロン Date:2017/09/23(土) 19:36
majorさん、みなさん、こんばんは。

岡山の会の秋の展示即売会は9/23・24で今日が初日でした。
開催の時間前から会場の外に行列のできる大盛況で、途中で用意していた入れ物(段ボール箱)が足らなくなり、スタート早々に補充に走り回るぐらいの賑わいでした。
ただし、昼前には朝の賑わいが嘘のように、人がいなくなりましたが、昼からは人出がだいぶ戻りました。
会場は岡山市北区撫川(なつかわ)のRSKバラ園の売店横の展示室です。

追伸
出展者12名で初日・2日目合わせての販売鉢数は1037鉢で昨年も記録的(4日間で993鉢)でしたが、今年はそれを大幅に超えました(私はほとんど貢献していませんでした…涙)。


[1105] RE:展示会終了御礼(*^_^*) Name:major Date:2017/09/25(月) 14:08
ウォーターメロンさん

岡山の会の秋の展示会、盛況おめでとうございます(*^_^*)

岡山の会の展示会などのイベントは、年に何回開催していますか?
札幌カクタスクラブは展示会2回と、今年初めて販売会を行いました。

写真は次の季節を先取りして 牡丹類が今日咲き始めました。
(亀甲牡丹Vヒントニー)

来週には気温も急降下して、高山からは雪の便りが届く予報です。


[1106] RE:展示会終了御礼(*^_^*) Name:ウォーターメロン Date:2017/09/25(月) 20:14
majorさん、みなさん、こんばんは.

majorさん、対外的展示会は年1回です。
4月に岡山市役所の1階ロビー(なので平日です)でおこなっています(傍で有志による販売も行っています)。
一昨年まではこのほかにゴールデンウィークと秋に有志でRSKバラ園の展示即売会があります。秋は単独ですが、ゴールデンウィークのものは園芸祭りの1ブースです。
昨年と今年は市の半田山植物園での即売会が加わりました(単独ではありません)。

なお、内部的には毎月例会でミニ展と称して展示会を行っています。お題は年間スケジュールで決め、互選投票で一席二席三席を決めます(一席が会報の表紙になりますし、ポイントがついたり、予想的中者に景品が出たりします)。
月例会ではセリを行ったり、業者を招いたりもします。
正月には競作苗による品評会を行います(会員が前年正月配布の同じ苗で年間の作を競います)。

添付写真は9/10の月例会のミニ展(お題はマミラリア)の出品作品の一部です(20〜30鉢ぐらいの作品が出展されます)。


[1107] RE:展示会終了御礼(*^_^*) Name:ウォーターメロン Date:2017/09/26(火) 18:14
majorさん、みなさん、こんばんは.

添付写真は四角ランポー×複隆ヘキラン(両親はもらい物ですが…)の今年7月のキリンウチワ実生接ぎですが、こんなものにも脇芽を出さす力がキリン様にはあるのですね。
単幹の奇想丸を接ぐと群生になります、恐ろしや、ありがたや!!


[1108] RE:展示会終了御礼(*^_^*) Name:major Date:2017/09/29(金) 08:31
ウォーターメロンさん
白マミは今も昔、人気ありますね〜 近年マミラリアがウチのハウスでも増えて来ました。
白マミと共に、月世界や小人の帽子、精巧丸や精巧殿の群生ものなどもイイですね〜〜(*^_^*)

いよいよ秋も深まって、札幌でも1桁温度になって、朱鞠内ではマイナスに!!!大雪山系では初雪の便りです。

写真はコピアポアの逆鱗丸 傾いた秋の陽射しにコピアポア類が咲いています(*^_^*)


[1109] RE:展示会終了御礼(*^_^*) Name:ウォーターメロン Date:2017/09/29(金) 18:38
majorさん、みなさん、こんばんは。

majorさん、北海道は足早に秋が過ぎていくのですね。
こちらは、これから秋本番です。
玄関の温度計の最低気温が、今季初めて15℃を割り13℃でした。
昨日は、庭の栗の実を拾い茹でて秋を楽しみました。

ミニ展の出展にはほかに、玉翁・玉翁殿・銀の明星・白鳥・影清・白珠丸・姫春星・白星・ルエッティ・テレサエ・アザラシなどがありました。

添付写真は我が家にある3系統の紫野のうちの2系統を交配したものです。
両種とも底白でしたが刺が違うようで、斑入りが出るということはだいぶ遺伝子も違うのでしょうかね。
花はΦ7cm、h5cmです。

追伸
イワタさんがいないと寂しいですね。
以前会社勤めしていたころ、通勤電車で一緒になる方で技術者の方でアタカマ砂漠に行くのが大義だといわれていた人がいました。
ALMA望遠鏡(アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計)のメンテナンスだそうで、若手に任せたそうです。


[1084] 展示会準備完了しました(*^_^*) Name:major Date:2017/09/04(月) 16:23 [ 返信 ]
9月5日〜9月10日 札幌カクタスクラブ秋の展示会が始まります。

昨日、今朝早くから搬入など、会場の設営に頑張って下さいました。会員の皆様、大変お疲れ様で御座いました。
おかげさまで準備万端です。(*^_^*)

明日からの期間中も何卒宜しくお願い致します。

写真は今日の会場の設営の様子です。(*^_^*)


[1085] RE:展示会準備完了しました(*^_^*) Name:antigonos Date:2017/09/04(月) 16:39
いよいよ明日からですね。

会員諸氏が丹精して栽培したサボタニの展示、準備整いました。
どうぞ市民の皆様、ご来訪をお待ちいたしております。



[1086] RE:展示会準備完了しました(*^_^*) Name:antigonos Date:2017/09/04(月) 16:41
会員諸氏が栽培している余剰苗の販売もしておりますのでこちらもよろしくお願いいたします。


[1087] RE:展示会準備完了しました(*^_^*) Name:major Date:2017/09/05(火) 15:22
今日の展示会会場の様子が届きました。

開始早々にTV局 三社の取材とお客様で賑わっています(*^_^*)


[1088] RE:展示会準備完了しました(*^_^*) Name:major Date:2017/09/06(水) 18:44
近江谷会員さんから

送って戴いた 今日の展示会会場の様子です。

皆さんありがとうございます(*^_^*)


[1089] RE:展示会準備完了しました(*^_^*) Name:major Date:2017/09/07(木) 16:15
今日の展示会会場の様子が届きました(*^_^*)

賑わっています 皆々様お疲れ様、ありがとうございます(*^_^*)


[1090] RE:展示会準備完了しました(*^_^*) Name:antigonos Date:2017/09/07(木) 20:10
暑い中、今日も会場に足を運んで下さる方多数でした。

STVニュースで展示会の様子が流されていました。
以下をクリックして動画をご覧ください。

http://www.stv.jp/news/stvnews/u3f86t000002dqlx.html


[1091] RE:展示会準備完了しました(*^_^*) Name:antigonos Date:2017/09/08(金) 12:59
UHBテレビのニュース映像です。
会員の皆さんが多数写っています。

http://uhb.jp/news/?id=2622


[1092] RE:展示会準備完了しました(*^_^*) Name:いわた Date:2017/09/08(金) 20:58
majorさん、antigonosさん、こんばんは。

展示会。お疲れ様です。
もう初日から大盛況のようですね!
有難いことです。

テレビの御紹介有難うございます。
早速、拝見。

お知り合いで確認できたのは

antigonosさん、Yさん→たぶん(~_~;)、O嬢、M嬢、Gさん、
そしてHさん→たぶん、あの頭と体格からバキッ!!☆/(x_x)
最近、老眼が急速に進行していて良く見えませんでした(涙)

それにしても、皆さんお忙しいだろうに積極的に
お手伝いに来てくださるのは羨ましい限りです。
これも親分の仁徳なんでしょうね。
→ホントは、そんなこと関係なく楽しいから
来られているんでしょうな〜バキッ!!☆/(x_x)

トゲモンは売れていなんいんでしょうね〜(涙)

画像は
「ええんじゃ!ええんじゃ!刺物なんて売れなくてもええんじゃ!」
と開き直って、、、
この夏完全断水で皺皺の金冠竜。


[1093] RE:展示会準備完了しました(*^_^*) Name:major Date:2017/09/09(土) 12:35
岩田さん
凄まじい!!!!!これ程まで仕上げるとは!!!
流石っ!!!トゲもんの看板を掲げているに相応しいです!!!
岩田さん バンセイ バンセイ バンセイ!?!?
あり〜〜い!?!?ピヨンヤンに!?!?

写真は
今日、展示会会場の二階会議室で、会員のみが参加して行われた 札幌カクタスクラブのセリ会の様子です。
白川さん写真提供ありがとうございます(*^_^*)


[1094] RE:展示会準備完了しました(*^_^*) Name:major Date:2017/09/09(土) 14:54
近江谷会員さんから

今日の展示会会場の様子が届きました(*^_^*)
相変わらず賑わっていますね〜〜(*^_^*)拍手喝采!!!
情報ありがとうございます。(*^_^*)


[1081] いよいよ展示会始まります(*^_^*) Name:major Date:2017/09/03(日) 12:05 [ 返信 ]
札幌カクタスクラブ秋の展示会

期間 9月5日【火】〜9月10日【日】
場所 札幌市豊平公園 緑のセンター

搬入陳列 9月4日【月】午前9時半頃から
搬出 9月10日【日】午後2時頃から
※4日に搬入出来ない方は 3日【日】も受け付けます。

☆ 例会、セリ会 同センター 二階会議室
9月9日【土】午前10時〜
参加費 昼食弁当代 500円


(*^_^*) おめでとう御座います (*^_^*)

当会の会員 長谷川 雅一さんの
新サボテンハウスが完成しました。内部の棚などの設置は、これからになりますが〜 これを素晴らしい転機になることを 大いに期待しております。(拍手喝采、万歳三唱)


[1082] RE:いよいよ展示会始まります(*^_^*) Name:ウォーターメロン Date:2017/09/03(日) 15:30
majorさん、新しいハウスは、いつ見てもいいものですね。夢が膨らみますね。でも最初が肝心なんでしょうね。
長谷川さん、最初に予定計画をしっかり立てて、サボテンライフをエンジョイしてください。
追伸
ベテランの方とは知らず、エラそうなこと書いてすいませんでした。

我が家の玄関の温度計は9/1の朝が18℃、9/2が18℃、今日9/3が20℃と急に涼しくなりましたが、依然として日中は30℃を軽く超え、相変わらずハデスの空中分解が続いています。
群生株10株中、今日の落下で残り3株となりました。
のこり3株もどうなるかわかりませんね。
また落下したものを拾って未練たらしく何回も接ぎ木しましたが、ほとんどうまくいきませんでした。
これでは残念ながら、majorさんには送れそうにありませんね。
来年生き残りで復活できるようでしたら、早めに送るようにしますね。


[1083] RE:いよいよ展示会始まります(*^_^*) Name:major Date:2017/09/03(日) 18:18
ウォーターメロンさん
丁重なアドバイスありがとうございます(*^_^*)
長谷川さんは大ベテランで、今までは春〜秋は戸外や窓辺をいっぱいに活用して、実生も多岐にわたりやっています。
この度のハウスは基本的には無加温での栽培を目指しています。
二重に囲う棚などを設置するようです。私も大変楽しみにしております。(*^_^*)

写真は銀牡丹の2段接ぎ木


[1072] 秋の展示会のお知らせ Name:major Date:2017/08/27(日) 06:41 [ 返信 ]
札幌カクタスクラブ秋の展示会

期間 9月5日【火】〜9月10日【日】
場所 札幌市豊平公園 緑のセンター

搬入陳列 9月4日【月】午前9時半頃から
搬出 9月10日【日】午後2時頃から
※4日に搬入出来ない方は 3日【日】も受け付けます。

☆ 例会、セリ会 同センター 二階会議室
9月9日【土】午前10時〜
参加費 昼食弁当代 500円


写真はスクレロ パルビフロルスの二段接ぎ木を一段目から 発根させたもの 、表土粗めにして、春から雨ざらしにしています(*^_^*)


[1073] RE:秋の展示会のお知らせ Name:ウォーターメロン Date:2017/08/28(月) 16:56
majorさん、みなさん、こんにちは。

日中はまだまだ暑いですが、朝晩が涼しくなってきました。
秋の展示・即売会のシーズンが近づいてきましたね。
こちらでは、会の有志により、9/23(土)〜9/24(日)に岡山市北区撫川のRSKバラ園の売店横の展示室で催されます。私もそろそろ苗の準備をしなければいけません。
RSKバラ園は西隣の倉敷市との境にあり、地元ラジオ放送局(RSK)の中継塔の周りが公園になっています。

1枚、2枚、…(夏の怪談番町皿屋敷かいな!!)とテラスの下のハデスも空中分解しています。落ちたものを何回も接ぎ直していますが、成績は芳しくありません。
(最初40本ほど接ぎ直して活着率1割!!)

添付写真は一昨年キリンウチワに実生置き接ぎして、昨年おろしたものですが、腰水用のプレートの上です。
実はおろさずそのままのものも別にたくさんあります。
というのが、おろすと寄せ植えをバラすことになり場所を4倍とるからです。


[1074] RE:秋の展示会のお知らせ Name:major Date:2017/08/28(月) 19:12
ウォーターメロンさん

ズラッと並んだ 花サボテン達 元気いっぱい壮観ですね〜

岡山の有志も9月23日〜24日に展示会ですね〜(*^_^*)
札幌カクタスクラブでは年に春と秋の2回の展示会、、、今年は7月に北海道では初のサボテン市を開催しました。
全国では毎月のように展示会、販売をしていて、、、特に人口の多い関東地域は活発!!!情報も多くてイイですね(*^_^*)
本州の地続きは他県に行くにも便利ですし、、、、。

写真は今年6月に、二段接ぎ木した花籠


[1075] RE:秋の展示会のお知らせ Name:major Date:2017/08/28(月) 19:16
写真を間違えました!!!ので改めて花籠を貼ります。


前の写真は紅籠で、同じく6月に接ぎ木したもの


[1076] RE:秋の展示会のお知らせ Name:ウォーターメロン Date:2017/08/29(火) 05:05
majorさん、みなさん、おはようございます。

majorさん、昔の本には花籠(Aztekium ritteri)は一属一種でしたが、ヒントニー(A.hintonii)が出てきた時にはびっくりしました。そして紅籠。
なおびっくりは、紅籠にせよカプトメドーサにせよ、瞬く間に全国に流布しましたね。

添付写真は[994]で紹介しました沖の山(大王団扇だそうです)に紅花団扇をかけたところ結実したものです。
早速直播と食酢に半日ほど漬けたものを播いてみました。
発芽するといいのですが…。


[1077] RE:秋の展示会のお知らせ Name:major Date:2017/08/30(水) 08:06
ウォーターメロンさん
おはようございます(*^_^*)
今朝の札幌の気温12℃で、久々に冷んやりを感じています。
北国の秋は駆け足でやって来ます、、、心細くなります、、、。

大王団扇ですね〜 宇部市に伊藤 芳夫先生を訪ねた時から50年になります。伊藤先生の白檀を母木に作出した、、、カマエロビビィアの這ウチワ接ぎ木で始まった 花サボテンブームに居ても立っても居られなくなりの訪問でした。その帰途には伊藤先生の花サボテン著書にも、登場した徳島サボテン友の会の浅田 芳子さんを訪問しました。

私の接ぎ木は、その時の浅田さん直伝が基本になっています(*^_^*)
当時、ウチワと云う団扇は手当たり次第に集めて 接ぎ木したものです。宇部常盤サボテンセンターを伊藤先生に案内された時、金網を張った網目から地植えの杢キリンの枝に接がれたコーナーも、印象に残っています。ロビビィアを中心に伊藤先生の交配ものなどを夢中で収集したものですよ〜〜(*^_^*)今はその欠片もありませんが〜〜(*^_^*)

写真は団扇二段接ぎ木のゲォヒントニア メキシカーナ


[1078] RE:秋の展示会のお知らせ Name:ウォーターメロン Date:2017/08/30(水) 19:19
majorさん、みなさん、こんばんは。

こちらは、やっと朝晩が涼しくなり、25℃を割り出し、8/28の朝は21℃でしたが、まだ日中は30℃を越します。
でも、秋の虫たちが鳴きだしました。
先般袖ヶ浦の実がたくさん取れ、種取した後、実の皮がてんこ盛りになったので切って浅漬けにしてみました。
濃い紫でとろみと歯ごたえがあり、なかなかおつなものでした。

添付写真は前橋の名人亀さんが交配された1672(=62千代田の娘×240魔王丸(ポトシーナ))×1620黄珠丸です。
3/4フェロックス系がかかり、あとの1/4の千代田の娘は扁平有色花のメセチノプシスです。
千代田は東京の千代田でなく群馬県の地名で、ここに住まわれていた方の作出だそうです。
なお、この株は正木ですので刺はこれからかもしれません。


[1079] RE:秋の展示会のお知らせ Name:ウォーターメロン Date:2017/08/31(木) 14:47
mejorさん、みなさん、こんにちは。

以前の写真を見ていたら、面白いものを見つけたので、ちょっと古いですが紹介しますね。

マダガスカル原産の多肉植物でサボテンと接ぎ木できるものがあると聞いたので、庭の雑草とお花で、お遊びで試してみました。台木はキリンウチワです。

ヒメマツバボタンとハナスベリヒユ(ポーチュラカ)とスベリヒユ(ヒデリ草)を穂木として置き接ぎしてみました。
スベリヒユ(ヒデリ草)は失敗で活着しませんでしたが、ヒメマツバボタンとハナスベリヒユ(ポーチュラカ)は花が咲きました(添付写真)。

ヒメマツバボタン(Portulaca pilosa)もハナスベリヒユ(ポーチュラカ、P. oleracea cvs)もスベリヒユ科(Portulaca)です。
またマダガスカル島原産(固有種)の旧ディディエレアDidiereaceae科(現在のアルアウディアAlluaudia属のみ 品種でいえば亜竜木や太二つ葉金棒や刺二つ葉金棒)もスベリヒユ科同様サボテンに最も近いナデシコ目の科です。
サボテンのご先祖様がアフリカで誕生したとき一緒に誕生したカム代謝で乾燥地帯を生き抜くすべを得たごく近い品種群たちです。
このため、旧ディディエレアDidiereaceae科とサボテンとの接ぎ木も可能なものがあるそうです(私はやったことがありませんが、たぶん発生学的に見て木の葉サボテンとでしょうか)。

補足
カム代謝(CAM型光合成)は砂漠などの多肉植物や着生植物に多く見られる光合成の一形態です。これを行なう植物をCAM植物と呼びます。この方法の特徴として、気孔からのCO2の取り込みを水分の蒸散の少ない夜に行い(普通の植物とは逆に気孔を夜開き昼は閉じる)、体内で一旦ほかのものに置き換え、昼に還元して光合成に使う代謝です。
旧ディディエレアDidiereaceae科はスベリヒユ科に含めることもあります。


[1080] RE:秋の展示会のお知らせ Name:major Date:2017/09/03(日) 11:48
ウォーターメロンさん

こんにちは(*^_^*)そちらも残暑の峠は越えたでしょうか?
札幌はすでに秋風の心地よい風になっています。

キリンウチワとサボテン科以外の接ぎ木 出来るということはかなり前から耳にしてはおりましたが〜〜実際の写真を見るのは 初めてです。栽培の可能性と楽しみも拡がると思います。(*^_^*)

写真はPyrrhocactus umadeave 寒鬼玉 何時ものビロードウチワに2段接ぎ木してるものです。


[1055] 秋の展示会等のお知らせ Name:major Date:2017/08/19(土) 20:28 [ 返信 ]
札幌カクタスクラブ秋の展示会

期間 9月5日【火】〜9月10日【日】
場所 札幌市豊平公園 緑のセンター

搬入陳列 9月4日【月】午前9時半頃から
搬出 9月10日【日】午後2時頃から
※4日に搬入出来ない方は 3日【日】も受け付けます。

☆ 例会、セリ会 同センター 二階会議室
9月9日【土】午前10時〜
参加費 昼食弁当代 500円


ウォーターメロンさん
何時も投稿下さり ありがとうございます。
写真を張り替えさせて頂きました。


[1056] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:major Date:2017/08/19(土) 20:36
キリンウチワ接ぎ木が全国的に流行しております。

何と言っても相性の広さがスゴイんですね〜(*^_^*)
しかし現在 使われている多くは、昔からのキリンウチワではありません。岩田さんから来たものと 今ウチにあるものも、微妙に違っています!?!?

写真は左側が竜女冠 右側がエキノマスタス ドランゲンシス


[1057] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:ウォーターメロン Date:2017/08/20(日) 07:26
majorさん、みなさん、おはようございます。

majorさん、ルリハキリンは葉・刺・羽毛等、大変変化に富んでいて、同じ株からカキ仔をとっても別物かと思うこともあります。
特に目立つ葉は形・大きさ・厚み等いろんなものが見られますよ。

添付写真はキリン団扇に接いだハデスですが、
[1016]で紹介しましたが、

>>団扇サボテンタイプのシャコバサボテンです。
私と一緒で暑さに弱いので、もう少ししたら空中分解すると思います。>>

の通りになってしまいました。
ご覧の通り日向に置いていた2株は跡形もなくなりました。
テラスに置いていた株も2株いじけていますが、ほかの株はなんとか持ちこたえています。


[1058] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:major Date:2017/08/20(日) 11:15
ウォーターメロンさん
団扇サボテンタイプのシャコバサボテン 面白そうですね〜(*^_^*)

暑さ蒸れに弱いとのこと!?!?夏は避暑地として北海道では!?!?どんなものでしょうか???
ウチでは西陽を避けて、東向きの家の壁を利用して、高山植物のロックガーデンにしています。
高山植物の女王のコマクサやイワヒゲ、ウルップソウなどが繁茂しています。
このような環境であれば 暑さ蒸れに弱いものには適しているかもね〜〜???

写真は団扇サボテンに二段接ぎ木のマミ ルエッティ


[1059] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:ウォーターメロン Date:2017/08/21(月) 13:11
majorさん、みなさん、こんにちは。

majorさん、この夏を乗り切って、まともなものが残っているようでしたら、お送りしますよ。
ただ、実はこの種は寒さにもあまり強くありません。
自生地はブラジルのリオデジャネイロ近くの2000m近くの、時には雪が降ったり霜が降りたりするような場所ですが、日中は寒くありません(雪や霜がずっとはありません)。またこの種は主に木や岩にへばりついて自生しているものが多く、現地の植生に守られて、森や藪深くは雪も霜も到達しません。

添付写真はいわたさん好みの(?)、ノトカクタスでは強刺の類に入るツレケキアヌスの交配種(セルフかもしれません)です。


[1060] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:遠田 Date:2017/08/21(月) 18:48
以前、ウォーターメロンさんが指摘してくださった通り 実 でした。

そして、なんと! ヾ(@^▽^@)ノ


[1061] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:いわた Date:2017/08/21(月) 20:50
ウォーターメロンさん、こんばんは。

今日も最高気温35度で暑かったです〜。

朝からキリンさんの脇芽を取っていたのですが
9時前には耐えきれず戦略的撤退バキッ!!☆/(x_x)

>ツレケキアヌス

懐かしい〜!
確か獅子王丸→懐かしい〜バキッ!!☆/(x_x)
の近縁種だったかと。
一時、良く見たのですけどね〜。

うちにもあったはずなのですが、
何処へ。。。。

家出をした訳ではなく(~_~;)
たぶん他の品種に目が行ってしまい、
必然的に顧みられずにお亡くなりになったのでしょう。

諸行無常。盛者必衰。
ゆく川の流れは絶えずしてですな〜。

majorさん、こんばんは。

>キリンウチワ接ぎ木が全国的に流行しております。

あっ、あっ。
ひょっとして一部の変態さんだけの間
だったりしてバキッ!!☆/(x_x)

ここはお許しいただけそうなので(~_~;)
画像は
コピ 銅羅丸。


[1062] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:ウォーターメロン Date:2017/08/22(火) 12:21
majorさん、みなさん、こんにちは。

日中は暑いですね。人間さんはつらいですが、キリン様にはありがたやです。

遠田さん、majorさんも言われた通り、二階建ての士童は珍品ですので、それはそれで、増殖は実生で楽しんでください。
それから、偶然かどうかわかりませんが、わが家でフライレアが閉鎖花にならずに開花したときは相当暑いときでした。

いわたさん、昔、チョコで2度おいしいとか、洗剤で3回勝負するとかの宣伝がありましたが、わが家ではキリン様は3回勝負できそうですね。
7/14に接ぎ木してカットしてできたキリン様の穂先を挿し木して、8/20にこれを台木に使い(葉が6〜7枚あれば能力発揮)、またカットしてできた穂先を挿し木しました。
使っても使っても、減らない台木、信者は増えそうですね。

追伸
写真左のアウレイフローラは黄花のマツカナです。


[1063] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:いわた Date:2017/08/22(火) 21:40
ウォーターメロンさん、こんばんは。

ホント、今日もいつもの事ですが
暑い、暑い!
台風でも来てこの状況を替えない限り
この暑さは当分続きそうです。

>使っても使っても、減らない台木、信者は増えそうですね。

ホント、まるでネズミ講バキッ!!☆/(x_x)

>写真左のアウレイフローラは黄花のマツカナです

ありゃ!マツカナとレブチアは交配可能だったんですね!

原種尊重派の方は白眼視されるかも知れませんが(~_~;)
園芸的には興味が尽きませんね。

画像は
大竜冠。
これぐらいの大きさになるのには
普通1年は掛かります。
それが2か月で達成できるとは!
まるで魔法です。


[1064] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:major Date:2017/08/23(水) 08:25
遠田さん
士童の次世代 イイね〜〜(*^_^*)士童ってヤツはメンコイくて つい夢中になると上手く行かず〜〜放っておくとウィンクして微笑みくれるんですよ〜〜

ウォーターメロンさん
久々にノトのツレケキアナス見ました(*^_^*)ノトカクタス全体とも 長らくご無沙汰しております(*^_^*)でもこれは肌色も、下向きの超長トゲもイイですね〜(*^_^*)
キリンウチワは仰る通り、使い減りしない台木ですよね〜〜(*^_^*)

いわたさん
昨日は待ちに待った キリンウチワ接ぎ木ディになりました。布団の中で、朝方からの雨音に今日はキリンウチワディと決め 両刃のカミソリ刃片手に奮闘!?!?ってそんな大袈裟なもじゃござんせんが〜〜午後に無事に終了と思いきぁ!?!?接木した筈のキリンウチワの切り口が空っぽ!?!?のがあちこちに、、、、気になって全てに再度接ぎ木、、、、やれやれやれとぐっすり寝て今朝 見ると!?!?また切り口に空っぽのものが2〜3 気になって今朝 再再度接木して もうやらんぞ!!!と言い聞かせました。

ウチワに接木したキリンウチワにも 大竜冠の妹分の竜女冠を接いで見ました。大竜冠は永遠の憧れですね〜(*^_^*)

写真は 近年人気沸騰している テフロ ゲォメタリクス ウチワ接ぎ木です。(*^_^*)


[1065] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:ウォーターメロン Date:2017/08/23(水) 13:13
majorさん、みなさん、こんにちは。

いわたさん、そうなんですよ、
>>原種尊重派の方は白眼視されるかも知れませんが>>
地元の会の中でも嗜好の合う方はほとんどおられません。
若手はお肉の方に走っているし、先輩たちは大抵は接ぎ木や交配種は邪道だ!の口ですし…。

majorさん、キリンウチワ実生置き接ぎ成功か不成功かは接ぎ木後の保管が大きく左右しますが、どんなところに安置されているでしょうか。
6〜7鉢(ただし7.5cm角プラ鉢)の小ロットでしたら漬物ポリ(添付写真)をおすすめします。
大抵が高さ30cmもないので、台木も短めになります。
これに水(ダコニールやトップジンなどの殺菌剤を混ぜ)を張り5〜7日ふたをして安置。
決して途中で覗きません(笑)、潔く日にちを待ちます。
もうちょっとロットが大きい場合はプランターに市販のミニ温室をかけ、栓をして水を張る手もあります。
これは中が見えますが、安置するときミニ温室のビニールをカットしないと搬入しにくいです。
大ロットの場合は水張りと密封ができる棚づくりをおすすめします。


[1066] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:ウォーターメロン Date:2017/08/24(木) 04:54
追伸です。

安置場所の追加写真です。

わが家の棚は下だけで最大32鉢(7.5cm×7.5cmプラ鉢)置けます。

ミニ温室をかけたプランターは最大14鉢置けます。

ちなみに、私は7.5cmプラ鉢に台木を3〜4本植えています。

天候に関係なく接ぎ木もできます。
成功率も8割前後にはなると思います。
余裕があれば、失敗分も再チャレンジすれば、台木的にはほぼ100%成功になります。


[1067] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:major Date:2017/08/24(木) 17:24
ウォーターメロンさん
キリンウチワ接ぎ木の蓋つき専用ポリ容器!!!コレは良い方法ですね〜(*^_^*)ありがとうございます(*^_^*)
これですと天候に左右されることもありませんね〜!?!?

ウチでは写真のように 接ぎ木後は1ヶ月ほど 半ば腰水状態で置いていますが〜 蓋は無いので時々(頻繁に)引っ掛けて穂を落としてしまいます。これからはウォーターメロンさんの蓋付き容器で是非やって見ます。(*^_^*)


[1068] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:ウォーターメロン Date:2017/08/24(木) 20:32
majorさん、みなさん、こんばんは。

majorさん、説明ついでに、安置場所から出してからの説明もしておきますね。
ただ、プシスメインの我が家流なものですから、北海道仕様になっているかどうかはわかりませんが…。

添付写真は左側がミニ温室のフレームをセットしたプランターに7.5cmのプラ鉢14個(約56本分)、右はプランター用のプレートに7.5cmのプラ鉢14個(約56本分)を並べたものです。
写真のものは成功率7割五分〜8割5分ぐらいです。
これらは露天で置いていますが、ポリや棚は日陰なので、最初の1〜2日は午前中だけ日に当たる所に仮置きしています。
冬場は左はビニール掛け(セットのもの)して水もそのままで無加温の温室の通路を占領しています。右のものは腰水のまま家の中の棚に入れるか、左のように仕立て直すかしています。
翌年は、降ろしたものも、そのままのものも水浸し状態です。
プランター分は豪雨の時、栓の調整が必要です(少々浸水しても抜けば大丈夫です)。


[1069] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:いわた Date:2017/08/24(木) 21:49
ウォーターメロンさん、majorさん、こんばんは。

今日も強烈な暑さ!
毎年の事ですがいつまで続くのかと思います。


>接ぎ木や交配種は邪道だ!の口ですし…。

人の顔がそれぞれ違うように嗜好もそれぞれ違いますね。
私の場合は、
「ええんじゃ!ええんじゃ!自分さえ良かったらええんじゃ!
人と比較するからあかんのや!」の
自己中いい加減ええんじゃ派デスケン(~_~;)

こっ、これは。。。
サボテンのお漬物?バキッ!!☆/(x_x)
湿度を保つにはうってつけですね。

因みに私の場合は、前日の夕方に台木、穂木ともタップリ潅水。
当日は、育苗箱にビニールのゴミ袋を敷いて水が溜まるようにして、
水を満たし、日陰になってる棚下に置きます。所謂腰水状態です。
殺菌剤は使用していませんが大丈夫のようです。

そこへ接木した鉢を息を止めて「そおっ〜。」と安置します。
1週間程そのまま腰水し、それから所定の位置へ。
偉そうに書きましたが、活着率は80パーセントくらいでしょうか?

接木後1ヶ月位から瑞々しく刺をあげて綺麗に育ち始めます。
永久台木云々の問題がありますが、この姿態を見るだけでも価値あり!

PYRRHOCACTUS andreanus


[1070] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:ウォーターメロン Date:2017/08/25(金) 05:35
majorさん、みなさん、おはようございます。

いわたさん、みなさん色々と工夫されてやっておらるようですね。

わが家の場合は、置き場所の都合はありますが、3年目からは普通の栽培をしております。2年目はプランターで腰水状態のもの(添付写真)と普通の栽培(ただし潅水多め)のものと両方です。
3年目も水やりいけいけドンドンで大丈夫のようです。


[1071] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:major Date:2017/08/26(土) 19:55
ウォーターメロンさん

キリンウチワの接ぎ木の相性の幅広さには、驚かされますね!!!
腰水状態にも、肥培を好むので成長も旺盛ですですね〜〜 ウチはハウスに地べた置きなので、ほぼ地植えのように根を張ります。

でもウチではビロードウチワ台木を敢えて主力にしています。二段接ぎ木して、一段目から発根させる狙いがあるからです。
写真同じ方法で発根して3年になった、スクレロカクタスのグラウクス


[1040] 秋の展示会等のお知らせ Name:major Date:2017/08/09(水) 15:28 [ 返信 ]
当会にネット登録して頂いている会員の皆様には、秋の展示会等のお知らせを送信しております。届かない方はアドレス変更していているようです。新しいアドレスをお知らせ下さい。

盛夏の最中ですが〜恒例の秋の展示会、例会、セリ会を下記の通り開催致します。
展示品、余剰販売苗鉢等のお早めの準備、多くの皆様の参加、何卒よろしくお願い申し上げます。
期間中の会場のお手伝いも合わせてお願い致します。

☆ 展示会
期間 9月5日【火】〜9月10日【日】
場所 札幌市豊平公園 緑のセンター

搬入陳列 9月4日【月】午前9時半頃から
搬出 9月10日【日】午後2時頃から
※4日に搬入出来ない方は 3日【日】も受け付けます。

☆ 例会、セリ会 同センター 二階会議室
9月9日【土】午前10時〜
参加費 昼食弁当代 500円

問い合わせは 土門宛 imajor@beige.plala.or.jp


[1041] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:major Date:2017/08/09(水) 15:43
ウォーターメロンさん
いわたさん、皆さんの投稿に感謝します。

思えばこのホームページを開設してから、十余年⁇
多くの全国のサボタニ愛好者から投稿を戴き 今日まで盛り上げて来ることが出来ました。
今は亡き当会の盟友 野尻さん、三土氏、佐々木氏の声も忘れることが出来ません。
皆さんに支えられ、継続こそ力なりを信じおります。
このホームページから長く発信を続けることで、札幌カクタスクラブの活動を世界に届くようになりました。

当会発信の原点を支えて下さる皆様に 改めて深く感謝を申し上げます。【合掌、拝礼】

写真 広刺丸


[1042] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:ウォーターメロン Date:2017/08/10(木) 06:41
majorさん、みなさん、おはようございます。

majorさん、広刺丸E.platyacanthusいいですね。
この仲間には巌ingens,弁慶grandis,鬼頭丸visnaga,春雷palmeriもありますが、現在の分類では広刺丸に統合されています。
原生地のメキシコではこれらは分布域が違うみたいですね。
以前亀さんがメキシコで撮られた写真の中にこの類のものがあって、門外漢の私ですが、勉強する機会があり、ネットを検索してみたり、サボ友に苗を見せてもらったり、会の先輩たちに話を伺ったこともありますが、結局いいようにわかりませんでした。


[1043] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:ウォーターメロン Date:2017/08/11(金) 08:17
majorさん、みなさん、おはようございます。

前橋の名人亀さんがふじやまさんの掲示板にエキノプシスの自生の写真を載せておられるので紹介します。

こんな茂みの中では、生き残り戦略としてラッパを高く掲げるのも致し方なしですね。

ちょっと亀さんの紹介もしますね。
前橋市の広瀬町にお住まいで、作出作品に「広瀬の…」という美花の交配種がたくさんあります。
年配の方ならシャボテン78号の表紙(金鯱の原産地写真)や78号〜85号までのメキシコ・アメリカ・南米各国を徒歩とバスで旅した紀行文の記憶があるかもしれませんね。
東京カクタスクラブの松原会長が、記念誌「明日に向かって―--東京カクタスクラブ物語」でも紹介されています(p88〜p91)。


[1045] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:major Date:2017/08/13(日) 11:18
ウォーターメロンさん
シャボテン誌はずっと読んでいました。
南米の紀行文も記憶があります(*^_^*)その頃はまだ現在のように、インターネットでグローバルに情報を得られる時代では無かったので、自生地を紹介するそうした記事には、釘付けになったものです(*^_^*)

その様な冊子の中で、私が一番衝撃を受けたのは 【サボテン日本誌】中島 巌氏が投稿した 黒王丸と白瑞鳳玉でした!!!
今でも時折 思い出して読み返すことがあります(*^_^*)

今年は夏を体感しないまま 秋風を感じています。
写真はマミラリアの金剛丸錦


[1046] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:ウォーターメロン Date:2017/08/13(日) 16:23
majorさん、みなさん、こんにちは。

majorさん、岡山も台風5号の後は、朝晩だけは少し涼しくなりました。
キリン団扇教の信徒の私としては、もう少し暑さが続いてもらわないと困りますが…。
いわたさん同様に毎日脇芽掻きしています。
とげもんのへやでの反乱は静観しておりましたが、あえなく鎮圧されてしまいましたね、残念(笑)。

添付写真は本日の開花から山口の名人ふじやまさんの8-57-19です。星条旗系交配種です。
少し花首は長いですが、Pストの美花です。
ふじやまさんは刺あり刺無し両方ともありです。
これは刺無しの方です。


[1047] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:いわた Date:2017/08/14(月) 22:42
majorさん、ウォータメロンさん、こんばんは。

ホント最近夕方には風が出て来るようになって
かすかに秋の気配がしてきました。

>あえなく鎮圧されてしまいましたね

この掲示板転覆事件はこの日付を取って
サボテン界の歴史に「八・三事件」と
刻まれましたバキッ!!☆/(x_x)

尚、首謀者は座敷牢や監獄に収監されましたが
全国より保釈嘆願運動があり最近全員解放されたそうです。
政府及び公安の弱腰には困ったものです。バキッ!!☆/(x_x)

>毎日脇芽掻きしています

「♪一緒や〜。一緒や〜♪バキッ!!☆/(x_x)

画像は
キリンさん接ぎの柿崎神仙。
ヤッパリ普通のより刺太そう。


[1048] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:ウォーターメロン Date:2017/08/15(火) 10:44
majorさん、みなさん、こんにちは。

majorさん、北海道は早くも秋の気配ですか。
わがハウスもプシスがどしどし咲きだしています。
やばいですね。キリン団扇の挿し木苗が山ほど余りそうです。どうせ涼しくなって接いでも成長は悪いは、冬越しは難しいは、でいい話になりませんものね。

添付写真は半世紀ぶりぐらいの有星類の実生です。
四角ランポー×複隆ヘキランですが、両親は頂き物。
相互交配したらこちらだけ種が取れました。
台木は去年の残り物で不細工です。

追伸
この「複隆ヘキラン」は[1010]の左の株でこの種の生みの親のIさん曰くで、「瑞宝玉×ヘキルリランポー」は右の株らしいです。


[1049] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:major Date:2017/08/16(水) 20:52
いわたさん ウォーターメロンさん

キリンさん接木写真 実に楽しい 面白いですね〜

そのお二人さんの勢いに 一緒に便乗させていただきます(*^_^*)

接ぎ木から2年になる 黒牡丹のキリン団扇 実生接木です。


[1050] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:いわた Date:2017/08/16(水) 21:52
ウォーターメロンさん、majorさん、こんばんは。

今日は打って変わって夏空に逆戻り。
蒸し暑くて蒸し暑うて。。。
ゲンナリです。(~_~;)

この暑さ。うちで元気なのはキリンさんのみ。
という事で便乗させて頂きます。

画像は
Copiapoa griseoviolacea (栗星玉)


[1051] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:ウォーターメロン Date:2017/08/17(木) 07:39
majorさん、みなさん、おはようございます。

たいへんだ〜〜!もう秋じゃん!!
わが家では、キリン様は夏場は露地栽培ですので、実生接ぎもスタートが遅く、7月中旬。
その時の台木のキリン様の切り落とした穂先を欲どおしく挿し木したものわんさかがやっと5〜6cm、神様、仏様、キリン様なんとかしてくだせ〜!!
スタートが遅いので当年の秋には降ろしていません。

添付は左上が右上(マイラナ)・左下(優月)・右下(無憂華;チグリアナ)の交配です。
昨日の開花ですが1株だけ待望の底黄が咲きました。
昨年のキリンウチワ実生接ぎ分で、場所もないので降ろさずそのまま寄せ植えです。
一瞬、おぉぉ〜!!カキ仔たくさんついとるじゃん!と思ったら隣の株で、この子は単幹でした、残念。
(母木の優月が単幹です)


[1052] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:ウォーターメロン Date:2017/08/18(金) 05:39
majorさん、みなさん、おはようございます。

いわたさん、キリンウチワ接ぎおろしは3年ぐらいは水浸しのイケイケどんどんが可能みたいです。
3年もたつと自根も出るようで(私の持っているプシスでの話ですが)、水の辛口の栽培でも平気みたいです。

キリンウチワの置き接ぎですが、実生だけでなく、極小カキ仔やシャコバの新芽の置き接ぎも楽しめます。
また実生苗でも逆さ接ぎもできます。私は、数の少ない実生苗は下も逆さ接ぎを時々します。群生になって面白いですよ。
また、杢キリンへの紐の接ぎ木のように、鉛筆のように削って挿すことも可能です(私はあまりしませんが、東京の方がやっていました)。

添付写真はシャコバの芽接ぎです。写真ではすでに次の節が見えますが、その先っぽくらいのものを実生接ぎの要領で置き接ぎしたものです。

蛇足
キリンウチワを葉挿しすると(偶然で、しようと思ってするわけではありませんが)根は出ますが、芽は出ません。生き残り戦略として、ほかの手段を選んだようです。
短枝に時々黄色の綺麗な花をつけますが、子房は短枝の中です。この短枝は開花前から脇芽も着きますので、これに種ができるとどうなるのか…不思議です。
ウチワにインカの乙女というのがありますが、これも子房が花の下の節に埋まっているようで(確認したことはありませんが)、結実したらどうなるのでしょうね。


[1053] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:いわた Date:2017/08/18(金) 20:46
ウォーターメロンさん、こんばんは。

お盆が過ぎたとはいえ、まだまだ残暑厳しいです。
こちらで涼しさを感じるのは毎年9月に入ってからですね。

キリンさんの詳細な解説有難うございます。

昨年から始めて旺盛な成長に嵌ってしまってます。
今年はたぶんエリオシケを中心に約200本以上接いだ
と思います。→我ながらビョーキ(~_~;)

色んなバリエーションが可能ですね。
栽培に気を遣う必要もないし、意外と耐寒力も
あるし益々嵌りそうです。

画像は
Eriosyce aurata v spinibarbis


[1054] RE:秋の展示会等のお知らせ Name:ウォーターメロン Date:2017/08/19(土) 19:30
majorさん、みなさん、こんばんは。

朝晩は少し涼しくなりましたが、まだまだ日中は暑いですね。

[1052]の蛇足の「蛇足の写真」を添付しました。
キリンウチワもインカの乙女も花びらの下に単独で子房の収まっている花筒がありません。
以前noriaさんがふじやまさんの掲示板にキリン団扇の短枝を割いた写真をアップしてくださいました。
確かに子房が収まっていました(確認の意味で後で自分所のも割いてみました)。
でも写真の通り、キリンウチワは蕾のうちから脇芽もついています。受精して種ができたらどうなるのでしょうね。
昭和の漫才師、春日三球照代の漫才ネタを思い出します。
「地下鉄はどこから入れたの、考えたら夜も眠れない…」


[992] オプンチア・フラジリス”フレイバーグ”開花 Name:さとう MAIL Date:2017/07/01(土) 18:34 [ 返信 ]
ウチワの中でもひときわ耐寒性の強いオプンチア・フラジリスの交配種。今年初開花してくれました♪

帯広でも屋外で越冬できます。土は蝦夷砂と赤玉土のみの、高山植物みたいな扱いです


[993] RE:オプンチア・フラジリス”フレイバーグ”開花 Name:antigonos Date:2017/07/01(土) 20:52
さとうさん、こんばんは。

おお、オプンチア・フラギリス あるところにはあるんですね。
是非増やして豊平公園展示会に出品してくださいませ。
エキノマストゥス・スクレロカクトゥスなどの北米耐寒サボテンの理想的な台木の一つなのです。

画像は、エキノケレウス・明石丸。正木です。



[994] RE:オプンチア・フラジリス”フレイバーグ”開花 Name:ウォーターメロン Date:2017/07/02(日) 21:58
majorさん、みなさん、こんばんは。

団扇サボテンって、すごいんですね。
Opuntia fragilisはアメリカ合衆国中西部からカナダのアルバータ州北部(樺太より北ですよ!!北緯58度あたり)まで自生している小型のしゃもじ型団扇サボテンだそうで、花も綺麗ですね。
氷点下20度ぐらいは耐えられるそうです。でも、日本の湿気の多い夏には弱そうです。
原生地では交雑しやすく、色々なタイプがあるそうです。

北米ものに対して、南米の地の果てパタゴニア地方(コロラド川以南、だいたい南緯40℃以南)にも寒さにめっぽう強いサボテンはあります。
柱ではEulychnia castanea(恐怖閣),クッションサボテンではMaihuenia patagonica(パタゴニカ)とpoeppigii(笛吹)、ウチワではPterocactus australis(アウストラリス)などがあり、特にアウストラリスはパタゴニア南端南緯54度マゼラン海峡付近にも自生するそうです。

添付写真は山口の名人ふじやまさんにいただいた沖の山の花です。伊藤芳夫著「最新サボテン栽培」新日本教育図書刊p137に載っているそうですが、確か、ほかの名もあったようですが、失念してしまいました。
どなたか、ご存知ですか?

蛇足
写真に初日の出もありますが、単刺ウチワの斑入りですが、本当はこのタイプ(白斑)は夕月雲で、初日の出は黄斑です。現在は斑入りはみんな初日の出になってしまっています。


[995] RE:オプンチア・フラジリス”フレイバーグ”開花 Name:major Date:2017/07/03(月) 15:41
さとうさん 投稿ありがとうございます(*^_^*)

帯広の厳しい寒波の中でのオプンチア越冬に挑戦して 開花に大きな意義がありますね(*^_^*)半世紀以上前の花サボテン最盛期に、這団扇の越冬開花したのを思い出しました(*^_^*)

antigonosさん
明石丸の見事な群開花 素晴らしいね〜〜 エキノケレウスの小型種の中で、一番美しい花だと思います。

ウォーターメロンさん
初日の出の夕月雲の名前は初めて知りました!!!斑入りは全て初日の出と呼んでいましたよ(*^_^*)

南緯54度!!!とは想像出来ない苛酷な大地ですね〜!!!!!
Patagoniaに自生するgymnocalyciumの話を聞いて以来です。

写真は今日咲いている、テフロ 黒太刀


[1044] RE:オプンチア・フラジリス”フレイバーグ”開花 Name:さとう Date:2017/08/13(日) 09:57
皆さん、素敵なお花の写真をありがとうございます

フラジリス、夏場はちょいと色落ちしますが元気ですよ〜、他にもポリアカンサ、フミフサ、アズレアなど。越冬させたサボテンは色々あります

帯広で屋外越冬させた強さでいえば

北方自生のエスコバリア(ビビパラ系)>耐寒オプンチア>耐寒シリンドロプンチア>耐寒エキノケレウス

といった感じです。エスコバリアは雪も不要でした(オプンチア、シリンドロプンチアは紫外線でボロボロになります)


[ HOME掲示板TOP一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]
31件〜40件(全141件)  124678910       <RSS>    【管理者へ連絡


無料レンタル掲示板 1616BBS